正しい服用のポイント

コップ一杯の水かぬるま湯で飲んでください。

体内への吸収をよくし、薬の成分が水で薄められることで、胃粘膜への負担が少なくなります。

食前、食後、食間、頓服(とんぷく)など決められた時間を守りましょう。

 

 

 

 

 

 

食 前  食事前の30分~1時間以内。

食 後  食後の30分以内。

食 間  食事と食事の間。前の食事からおよそ2~3時間後です。

     食事の最中に飲むことではありません。

寝る前  就寝の30分~1時間前。

頓 服  症状が現れた時。

お薬は間隔をあけて飲み、1日3回服用の場合であれば約4時間以上あけて飲むといいでしょう。

自己判断で飲む量を増やしたり減らしたりしてはいけません。

飲み薬はコップ1杯のお水で飲むのが原則。必ず薬に合った正しい飲み方が大切です。

治ってきたから大丈夫と自己判断で服用を中止するのはやめましょう。

指示があった期間は服用を続けるのが基本です。

尚、薬によって飲み忘れたときの対応が違う場合があります。

薬を受け取るときに、あらかじめ薬剤師さんに相談してください

ぬるま湯、お水以外の飲料で飲んだ場合の薬の効果への影響

濃いお茶は、薬の成分を変化させて効果を低下させる場合があります。

お茶

牛乳

体内への吸収力が低下し、効果が出にくくなったり、また効果が表れるまでに時間がかかることがあります。

ジュース

吸収作用が変化し効果が変わってしまうことが考えられ、特にグレープフルーツジュースは薬の効果に影響を及ぼすとされています。

薬の中には眠気を抑えたり、薬の作用を強くする為に、カフェイン入りのものがあります。カフェインが多く含まれているコーヒーで飲んだ場合、過剰摂取で作用が強く出る場合いが懸念されます。

コーヒー

薬の効果が強く出過ぎる等、副作用が懸念されます。

アルコール類

Copyright (C) 2015 Hanamizuki Yakkyoku. All Rights Reserved.